【キャンプめし】アメリカのBBQ!~BBQとは編~

キャンプといえば、まずはBBQのイメージですよね。
わたしたち、37CAMPの「BBQスキュワーセット」もBBQを売りにしています。

 

では、BBQの本場アメリカのBBQはどんな感じなのかご存じでしょうか?
アメリカのBBQをちょっと覗いてみましょう。

 

アメリカのBBQといえば、やはり思い出すのはBBQグリル。

出展:https://www.weber.com/US/en/grills/gas-grills/spirit-ii-series/45010001.html

 

日本では焼き肉のような一口サイズのお肉を焼くイメージですが、やはりアメリカでは大きなお肉やソーセージを焼くのが一般的なようです。
特にインパクトがあるのはテキサススタイル!大きな塊肉のまま焼きます。
なんとアメリカでは「BBQ Pitmasters」という、BBQ番組まであるんです。

 

ちなみに、BBQ Pitmastersを見てわかったこととしては、肉を「焼く」メインではなく、「スモーク」するのがメインのようです。
BBQとは…Smokedなのか…。

手順としては…

①お肉にシーズニングをして、

②スモークをして、

③アルミホイルで包んで蒸し焼きをして、

④最後に外がカリっとなるようにBBQソースを塗って短時間で強火で焼き上げる

 

…がだいたいの手順のようです。
アメリカのBBQは単に焼くだけではないのが、奥深いですね。

さすがアメリカだけあって、スーパーに行くとBBQソースがたくさん売られています。

 

HEINZだけでもこんなに!

 

シーズニングもBBQグリルメーカーのWeberのものや、アメリカで有名(と思われる)ステーキハウスのシーズニングなどたくさん売られていました。

先日渡米した際に購入するのを忘れてしまったため、今回はコストコでこちらをGETしてBBQに備えることにしましたよ!

 

最後にBBQソースを塗るので塩があまり含まれていないもののほうがよさそうです。(あくまでBBQ Pitmasterを見ての推測ですが…)

 

このテキサススタイルのBBQについては、後日実際にBBQスキュワーを使ってアレンジして試したところをご報告したいと思います!
お楽しみに!!