0
¥0

現在カート内に商品はございません。

イケてるキャンプを目指すなら〇〇が大事!37CAMP的持ち物リスト!

こんにちは!
37CAMPスタッフです。

 

昨年・今年と満足にお出かけもできないなか、キャンプは屋外で人との距離も取りやすく「3密」を避けられるお出かけ先として、一気に人気が高まりましたよね!
始めたばかりでまだキャンプ道具がそんなに揃えられていない方、これから始めようと思っている方も多いのでは?
どうせ始めるならカッコいいキャンプサイトを目指して、オシャレキャンパーでインスタ映えも楽しみたいですよね!

 

でもできれば荷物はスッキリ少なめにしたい!
そんなかたに、これさえ揃えればキャンプも不便なく楽しめて、カッコいいキャンプサイトにアレンジできそうなものを、37CAMPスタッフの独断と偏見でご紹介していきます!

 

キャンプを始めるときに必要なもの

まずはキャンプに出かけるときに必要最低限のものは揃えないといけないですよね。
37CAMPスタッフが商品の検証などでフィールドワークに出かける際に持っていくものを一通りリストにしました!

 

 

いろんな道具が必要ですが、それぞれの道具の解説などはいろいろなサイトで紹介されていると思うので、ここではなぜこのラインナップなのかを解説していきたいと思います。

 

絶対に持っていくもの

先ほどのリストは、37CAMPスタッフがフィールドワークに毎回持っていくものをリストアップしたものです。
ちょっとほかのキャンプキュレーションサイトとかで紹介されているリストとは若干違うものが入っていたり、入っていないものがあったりします。

 

そのあたりについて、少し説明していきましょう。


テントとタープ

テント・タープとありますが、デイキャンプの時はタープだけのことが多いです。
日影を作れればいいので、デイキャンプであれば極力荷物を減らすため、テントは持って行っていません。

テントとくれば、グランドシート!と思う方もいらっしゃるかもしれません。
37CAMPスタッフはコットを持っていき、お昼間はベンチとして、夜はコットとして使って寝るので、グランドシートを使わなくても過ごせます。
正直グランドシートを敷いて、クッションマットを敷いて、シュラフで寝るより、コットにシュラフで寝るほうが快適です!
荷物も用具も少なくていいので、経済的だしに荷物も減らせるのでお勧めですよ。

 

空気入れ…?

リストの中で気になるのが、「空気入れ」ですよね。


たき火に火を着けたら、空気をちょくちょく送り込まないといけないのですが、火吹き棒だと正直頭の血管切れそうになりませんか…?(私だけ…?)
そこで空気入れの出番です。浮き輪などに空気を入れる簡単な空気入れだと、シュコシュコするだけで空気が送り込めるので、火が消えそうなときでも一気に火を大きくできます!
簡単なので、たき火の番をお子さまにお任せしてみてもいいですね!

 

ビニール手袋とまな板シート

ビニール手袋とまな板シートも必須で持っていきます!
お肉料理をすることが多いので、肉専用の手袋・まな板シートを作っておき、肉を触る調理をするときはその手袋・まな板シートで調理しています。洗い物が減らせるので便利です。

 

IKEAの青バッグ

IKEAの青バッグもまた気になるアイテムですよね。
…何に使うの?

これは雨の日のテントの撤収にとっても便利です。
雨の日に、ササーっと畳んで撤収するとき、テントの付属のケースに入れると中が濡れてしまいます。
そんなときIKEAの青バッグにガサッと入れて撤収すると早いです。
チャックがついていないので、むしろガッと入れやすいのでタフに使えて便利です。

 

カッコいいキャンプサイトにするには〇〇が大事?

大体どんなアイテムが必要かがわかったところで、このアイテムをむやみやたらと買いそろえるだけでは、オシャレなキャンプサイトにはなりません。

 

では、どんなアイテムをそろえればオシャレになるのか?
気になりますよね。
そんな時に大事なポイントは「色をそろえること」「上級者に見えるオシャレアイテムをひとつ追加すること」の2つです。

 

キャンプ道具の色をそろえよう

色んな広告やホームページでもそうなのですが、よっぽど上手く揃えない限り、いろんな色を使ってしまうと統一感が欠けて、とっ散らかった感じになってしまいます。
なので使う色は極力1-2色に絞り、色をそろえてアイテムをそろえましょう。

揃えやすいのは、黒や茶色、OD色(またはカーキ色)です。
キャンプアイテムで多いのがこの3色だからです。
できれば、メインを黒かOD色+サブを茶色の2色に絞ると色をそろえやすく、シュッとしたカッコイイキャンプサイトにセッティングできます。
サブに茶色をプラスしたのは、意外に木材でできているキャンプ道具が多いので茶色を入れると統一感が出てくるからです。ぜひ一度試してみてください。

 

上級者に見えるオシャレアイテムをひとつ追加してみよう

上級者に見えるアイテムがあると、気分も上がるしインスタ映えもします。
ぜひ一つ手に入れてみましょう。

 

手前味噌ですが…
2バーナーやコンロ、BBQグリルもいいのですが、料理で火を使うなら、37CAMPのファイヤーラックハンギングは上級者っぽくてカッコいいのでオススメです。

 

たまにキャンプ場でも見かけますよね。
地面に打ち込んで使う鉄のアレ。
37CAMPのものは、他のメーカーのものと違ってアームが落ちないようにネジ止めになっていたりとお子さまと一緒のキャンプでも安心な作りになっています。

 

地面にちゃんと打ち込めるか自信がないというかたでも、大丈夫。
スタンドが付いている自立タイプもあるので、地面に打ち込まなくても使えるものもラインナップされています!

 

その他マルチフックポールもカッコよくてオススメのひとつ!ぜひチェックしてみてくださいね!

 

他にもオシャレなガレージブランドがたくさんあるので、お気に入りの逸品を見つけるのも楽しいですよ!
その時は、37CAMPもお忘れなく!

 

オシャレなキャンプサイトにするなら初心者から!

オシャレなキャンプサイトにするなら、買いそろえるときから色を意識して買いそろえるとやりやすいですよ!
ちょこちょこ買い足すより、揃えるときなら色を意識して買いそろえられますが、ちょこちょこ買い足すとうっかり色ルールを忘れたり、欲しいものを衝動的にポチってしまったり、うっかりオシャレ…を忘れがちです。

 

高いものを買いそろえる必要はありません。
Amazonなんかを探してみたら、安くて良いものはたくさんあります。
そんなアイテムを色を意識して買いそろえると統一感が出て、オシャレキャンパーが簡単に実現できます。

 

37CAMPスタッフはこれらに加えて、一通り商品ラインナップを揃えてキャンプへ出かけています。

日々検証…大事ですからね!
もしどこかのキャンプ場で37CAMPスタッフを見かけたら声をかけてくださいね!

関連商品

カテゴリ一覧

ページトップへ